質屋を利用してお金を借りる方法がある

質屋というと最近では、貴金属や金券などを買い取ってもらうところというイメージが強くなっています。しかし、質屋では物を預ける代わりにお金を借りることができます。物を担保として質屋に持ち込んで預ける代わりに、その物に見合った金額のお金を借りることができます。当然お金を借りたわけですから利息がかかってきて、借りた額と利息を返済すれば預けていた物が手元に戻って来るという仕組みです。

注意点があって、預けた物は3ヶ月までしか預かってもらえませんから、その期限内に元金と利息分を支払わなくてはなりません。もし返済できなかった場合には、預けた物は自分の物から、質屋所有のものとなってしまいます。質屋によっては利息のみ払うとか元金の一部のみ支払うことで、預かり期間を延ばしてもらえるところもあります。

物を担保として預けていますから、もし返済できなかった場合でもお金の取立てなどの心配はありません。お金を返さない代わりに預けた自分の物が、質屋に取られてしまって質屋のものになるだけです。

質屋に預けられる物としては、貴金属や家電、IT関連機器などの品物もありますが、ゴルフの会員権や有価証券などの物ではなくお金として価値のある物でも大丈夫です。質屋によってどんな物を扱っているかは違いますから、事前に問い合わせて確認しておくと良いでしょう。

また、質屋に物を持ち込んでいくら貸してもらえるかは質屋によって違います。自分が借りたいと思っている金額に満たない場合もありますから、なるべく金銭的な価値の高い物を持ち込むのが良いでしょう。持ち込んだらその場で査定してくれて、納得できればすぐにお金を貸してもらえます。

物品さえ持っていれば価値に見合ったお金をすぐに借りることができるのが質屋の良いところですが、利息は無担保のカードローンなどとは違って、月利で計算されます。カードローンよりもやや高めになりますし、利息の日割り計算はされませんから、1ヶ月以内に返済する場合でも丸々1ヶ月分の利息がかかってしまいます。そのような面からカードローンの利用を考える方もいるでしょう。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク